被せ物

保険診療の場合

保険診療の被せ物について

保険診療の場合
  • 【前歯】裏打ちを金属、表は白いプラスチックを使用します
  • 【小臼歯】金属もしくは、プラスチックの被せ物を使用します
    (咬合力や他の歯とのバランスにより選択)
  • 【大臼歯】金属を使用します

自由診療では下記の種類が選択できます

オールセラミック

オールセラミック
オールセラミックは金属を使わずに、特別な人工歯質材料(セラミック)を用いて作り上げます。強度が強く色も自然に美しく作ることが出来ます。金属を一切使用しないことで、天然歯の色調を再現し、自然な仕上がりとなりますが、ジルコニア・メタルボンドに比べると強度は劣ります。

ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミック
ジルコニアセラミックとはオールセラミックの審美性と金属の強度を併せもった素材です。金属を一切使用していないので、光の透過性もよく、金属アレルギーや歯ぐきの変色の心配もありません。強度が優れているため、今までオールセラミックスではできなかったブリッジでの使用も可能です。

メタルボンド

メタルボンド
むし歯などで歯が欠けたところに被せ物などをするとき、素材がセラミックだと耐久性に不安があります。かといって金属を使ってしまえば、笑った時などに治療箇所がわかってしまいます。
メタルボンドは、見た目と強度の問題を解決するために金属のフレームの上にセラミックを焼きつけたもので、自然な色合いとまではいきませんが、見た目がきれいに仕上がります。
ただし、使い続けることで歯茎が痩せて、徐々に金属部分が露出したりするおそれがあります。金属部分が溶け出すということについては、使用する金属を貴金属にしておくことで防ぐことが可能です。

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック
オールセラミックの場合、材質が硬すぎるため咬む力がかかる奥歯などの場合、咬み合わせる自分の歯を傷めてしまう場合があります。その欠点を改善したものが、ハイブリッドセラミックです。ハイブリッドセラミックは、硬いセラミックに粘りのあるレジン樹脂を混ぜたもので、咬み合わせる歯に優しく、奥歯に適しています。

セラミック治療

セラミック治療について

セラミック治療について
当医院では、むし歯や歯周病などの病気を治療するだけでなく、歯や歯肉を綺麗にするための治療も行っています。
バランスの取れた口元を作り出すことで、健康で美しい素敵な笑顔が生まれます。
また、精神面でもお口の悩みやコンプレックスを解消することで全身の健康や自信を持った明るい性格を導くことにつながると考えます。
このように歯には、機能的な面と美しい見た目を保つ面、どちらも健康的な日常生活を送るうえで大事な要素ですが、保険診療による一般の歯科治療では、むし歯などの除去、失ってしまった歯の機能を回復するといった治療に重点が置かれ、治療した後の見た目や周りの歯との調和・機能性などを考えた場合には限界があります。
審美性(見た目)を良くすることを目的とする治療や歯並びを綺麗にする矯正治療は保険の適応となりません。
そのため一般歯科診療よりも費用が高くなりますが、歯を白く美しくすることはもちろん、健康で美しい口内環境を作るために一人ひとりに合った治療を行っていきます。

金属アレルギーとは

金属アレルギーとは
アレルギーというと、花粉症や食品アレルギーを思い起こす方は多いのではないでしょうか?
人間は自分の体を守るために「免疫」を備えています。
「免疫」とは細菌やウイルスなどの「異物」を排除して病気になるのを防いでいます。
その「免疫」が本来敵ではない食品や花粉、金属に反応して起こるのがアレルギーです。
金属アレルギーの多くはネックレスやピアスなどに触れた部分が赤くなったり、強い痒みを生じる「アレルギー性接触皮膚炎」というものです。
症状が重い場合には皮膚が剥けてしまうことや手足や全身にまで広がることもあります。

こんな症状の方は金属アレルギーかも・・・

・ピアスの周りが赤くなっている
・アクセサリーが当たるところが赤くなっている
・歯医者で詰め物をしてから調子が悪い
・口の中にある金属の周りの歯ぐきが白くなっている
・口内炎がなかなか治らない
・手のひらや足の裏に水ぶくれが出来ている

アレルギーの心配がないメタルフリー治療

メタルフリーの特徴

  • 生体安全性が確立されております。
  • 可能な限り天然歯の色調を再現します。
  • 歯周組織に炎症を起こさない材質です。
  • 強度的にも問題がありません。
  • 自由診療となりますので、費用負担がございます。

CAD/CAM セレック

セレックの特徴

より天然歯に近づいた、審美的質感

さまざまな歯の色に対応し隣接歯に良く馴染むセラミックは審美性に大変優れ、咬み心地や舌触りなど質感も天然歯に近い自然な感覚です。

身体にやさしいセラミック

金属アレルギーの心配がない全体親和性の高いセラミックは、変色や変形といった心配もなく、安心・安全・身体にやさしい素材です。

通院1日・最短1時間での治療も可能

「詰め物」や「被せ物」をその場で設計・加工・仮歯不要で衛生的な治療です。症状により異なりますが、通院1日最短1時間での治療も可能です。

コンピュータによる精度の高い修復物

このコンピュータシステムは、従来の手作業に比べ大幅に時間短縮を実現。常に安定した高品質、高精度の修復物を提供することが可能になりました。

セレック治療の流れ

STEP1 スキャン(型取り)

STEP1 スキャン(型取り)
歯を削った後型取りします。
症例により口腔内スキャナーを使用できる場合もあります。

STEP2 修復部設計

STEP2 修復部設計
コンピュータの3D画面上で修復物を設計
モニター上で歯の形態や噛み合わせの調整を、あらゆる角度から行い、理想的な形にしていきます。
設計後は様々な色のセラミックブロックから最適な色のものを選定します。

STEP3 修復物作製

STEP3 修復物作製
ミリングマシンが設計データを基に加工
ミリングマシンと呼ばれる機械(CAM)が、コンピュータで設計されたデータをもとにセラミックブロックを削り出し、修復物を精密に整えていきます。

STEP4 口腔内セット

STEP4 口腔内セット
口腔内へセットして治療完了
しっかりした接着技術を用いて、削り出されたセラミック歯を口腔内へセットします。
これで治療完了となります。

症例により最短1日で、Step1~4まで進めます。
ご希望の場合はご相談ください。