審美義歯

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー
通常の部分入れ歯は金属製のバネ状の止め具で保持していますが、健康な歯を削る必要がありました。また金属アレルギーのある方には使用できず、口を開いたときに金属の部分が見えるなどの難点がありました。

その点、ノンクラスプ義歯はプラスチック製の義歯床(人工歯の土台で見た目は歯茎)を使用しているため、健康な歯を削ることもなく、安心して使用することができます。
審美的にも大変優れており、口元に自信が持てるようになります。

アセタルクラスプ

アセタルクラスプ
アセタルクラスプとは本来金属を使用するバネの部分を、アセタルという白い素材を使って審美性と機能性を高めた入れ歯です。笑った時に見える金属の色が気になる方にオススメです。

アセタルクラスプの特徴
・強くて柔軟性があり、破折しにくい。
・歯や色調に合わせることができ、審美性に優れている。
・耐疲労性に優れ、装着感がいい。

インプラント入れ歯

インプラント入れ歯
インプラント入れ歯とは、総入れ歯で「ずれる・外れる」「痛い」「ガタついて物が噛めない」等のお悩みがある方や、ほとんどの歯を失ってしまった方に適した治療法です。
失った全ての歯の本数分だけ、インプラント体を埋入できない場合などに、使用されることがある方法です。

インプラントを支えにする入れ歯は、通常の入れ歯と比べて、余分な金具がなく、健康な歯を削る必要がありません。
支えがしっかりしているため、不安定な入れ歯でお悩みだった方の場合でも、快適に食事を楽しむことができます。

また、埋入したインプラントが歯の根っこの代わりになるで、あごの骨が痩せてしまうのを抑える働きがあります。 ただし、取り外しが出来る分、噛む力は通常のインプラントほど強くはありません。