インプラントのトラブルについて

インプラントの不具合

インプラントが痛むときには

サンプル画像
インプラントは埋入して機能するようになると通常の場合、ほとんど痛みを感じることはありませんが、手術を伴うため、施術直後には傷口からの出血や痛み、違和感が出る場合があります。 しかし、手術後の痛みや違和感は一過性のものですので、もしそのような状態が長く続いたり、悪化するような事がありましたら、インプラントの周囲に炎症が起こっている可能性や周囲の骨が吸収しインプラントが安定せず、嚙む力に負けてしまっている可能性があります。その場合、口腔内の検査・CT撮影をし周囲の骨を確認する必要がありますので、お早めにご相談ください。

具体的な対応例

  1. 口腔内の確認
  2. レントゲン又はCT撮影による確認
  3. インプラントの埋入状況の確認

    を診断の上、的確に治療致します。

インプラントが抜ける原因

インプラントが抜けてしまった方に

サンプル画像
インプラント治療は現在では非常に成功率の高い治療法ですが、残念ながら成功率は100%ではありません。 その原因としては、患者さんの口腔内や骨の状態によるものもありますが、医師によるの計画ミスや手術ミスも少なくありません。当院では、そういったトラブルにも迅速・適切に対応します。

インプラントが抜けてしまう主な原因

●インプラント埋入後、1~3週間ほどで抜けてしまう場合
初期段階に起こる細菌による感染の可能性があります。ほとんどの場合には、ヘビースモーカーや何らかの持病をお持ちの方に多くおこります。その他、インプラントの周囲の骨が異常に柔らかかったり、異常に硬すぎる場合にもおこる可能性があります。インプラントに触れたときに揺れを感じたり、膿がでたりするような事がありましたら、すぐにご相談ください。

●骨が少ないために機能する前に抜けてしまう場合

骨が非常に少ない状態で埋入することで、植立が困難な為抜けていく場合があります。再度、骨造成を行った後、インプラントを埋入する必要があります。

●インプラントを埋入後、数年後抜けてしまう場合

歯ぎしりなどで、毎日異常に力がかかってしまうとインプラントと骨の境目に亀裂が生じ抜けてしまう場合があります。

●歯周病で抜けてしまう場合
メンテナンス不足により、歯周病が進行してしまいインプラントを支えている骨が無くなり抜けてしまうケースです。